死ぬまでにみたい1001本

最終更新日

Comments: 0

最近、娘が大きくなればもっと楽に映画ライフを一緒におくれるとおもっていたけどそれは難しいことがわかってきた。

1歳2ヵ月。歩き回るのが好きだ。

映画の2時間歩けない時は椅子に座ってみてたり抱っこでみれたけど歩けるようになった瞬間からもうその場にずっと座るという行為が難しいし可哀想な気がしてきた。

もちろん、子供の性格もあるんだろけど。

子供が好きな映画ならともかくまだこの時期は自分がみたい映画になっちゃうしね。

早く一緒にみれるようになりたいなぁ。

映画館へ行くのはしばらくパパに預けていくことになりそう。

というわけで、なにか家で楽しみたいと思ってはじめることにしたのが

死ぬまでにみたい映画1001

毎年更新されているようだけど、不動のものからみようと思う。(その年の話題作はみる前提)

結局、アカデミー賞などで話題になった作品を追加したり削除したりを2000年代の作品を中心に毎年繰り返している印象。

1900年頃のサイレント映画などまだ見ぬ名作揃いのラインナップにワクワクドキドキ。

映画って、古くても未見なら新作と同じ気分で楽しめるところがとても素敵な魅力だ。

新しい出会いを求めてはじまりはじまり。

のんびり、1001本のラインナップ紹介していきます。(入力が大変なのでw)

YUI

コメントを残す